こっからネットです。私たちは、主に福島から丹波地方に避難してきたメンバーで構成されているネットワークです。遠く離れたこの地から『福島の友人たちに想いを届けたい!』と考え、プロジェクトを立ち上げました。


by umeboshi-net
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:日記( 5 )

みなさんの声

3月初めに発送した梅干しを受け取ってくださった方々からたくさんのお礼のメールをいただいています。

いままでこちらのブログで紹介していましたが、なかなか個人的な内容のメールが多く、紹介しきれないこともあり、今年からはメールの内容の紹介は控えさせていただきます。

今年はタイミングが合ったので、こっからネットのメンバーが福島に帰って手渡しする方々もおられます。

梅干しを受け取られた方々の声で一番多いのは、
『昔おばあちゃんが漬けてくれた梅干しの味がして懐かしい』
『子供のお弁当に重宝します』
『忘れずにいてくれてうれしい』
などの声です。

無添加、無農薬、自然塩の梅干しはなかなか手に入りづらく、かといっていまの時代なかなか作れないものだと思います。
福島で作ることに躊躇される方もおられるでしょう。
ささやかな取り組みですが、こうして喜んでいただけると私たちも励みになります。






[PR]
by umeboshi-net | 2018-03-24 22:22 | 日記
私たちの取り組みが、丹波新聞、神戸新聞、読売新聞に取り上げて頂きました。
ご近所さんやいろいろな方々に『見たよ!』と声をかけてもらいました。

読売新聞には、なんと福島版にも掲載されました。
それを読まれた福島で梅干しを受け取ってくださった方がお礼状と共に新聞を送ってくれました。

新聞に掲載されたことで、『今年はうちの梅も寄付するよ!』との声かけもして頂きました。

小さな取り組みですが、このように私たちの活動を多くの方々に知ってもらうことはとても大事なことと思います。

今後も細くても長く続けて行けるように頑張っていきたいと思います。

丹波新聞
d0298862_2312183.jpg


読売新聞
d0298862_21162178.jpg

[PR]
by umeboshi-net | 2015-03-12 23:00 | 日記
梅干しをお送りした方々から続々と 「届きました!」 の連絡が入っています。
多くの方が 『友達や近所やグループの方々と分けます。』 と言われていたのがとても印象的でした。

一件にお送り出来たのはそれほど多くありませんでしたが、
私たちの気持ちごと受け取って頂けたようでとてもうれしいです。
あるカフェでは、お店に私たちの手書きのメッセージを貼り出してくださいました。

そんなお便りの一部をご紹介します。

◯◯ちゃん。
梅干しとお味噌、梅酢、お手紙が届きました。
ブログも拝見しました。
私たちのほうこそ、忘れないでいてくれて、嬉しいです。
福島のことを気にかけ、話題にしてくれる方たちがいるんですね。
福島の地方紙では、いまだに毎日空気中の線量がのっていますよ。様々な問題が進行形です。
せめて、食べ物は安心なものを選びたいので、とてもありがたいです。
これから、友人たちにおすそわけします。
受け取ったご好意をこちらでもネットワークで繋ぎたいと思います。
大変な作業なのに、みなさん笑顔なのが印象的でした。
本当に、ありがとうごさいました。 (Eさん)

△△様
向春の候、益々ご清祥のことと存じます。本日とっても美味しい梅干し、梅酢が届きました。
福島は小雪降る1日でしたが、とっても心も体もあたたかくなりました。
感謝感激です。こっからネットの皆様にくれぐれもよろしくお伝えください。 (Mさん)

⬜︎⬜︎さん
こんにちは。
梅干しとお味噌が届きました!
もったいなくて味見はまだしていませんが、大事にいただきます。
知人にもおすそ分けさせていただきます。
本当にありがとうございました。     (Mさん)


昨日、友達のYさんから梅干し、お味噌、梅酢を受け取りました。
早速、梅干しをいただきました。
とてもおいしかったです。
子供の頃、祖母が毎年梅干しを作っていました。
丁寧に天日に梅を干していたのを思い出しました。
祖父が大きな樽(?)にお味噌を作って毎日混ぜていたのも懐かしい思い出です。
多くの方々のご協力でできた貴重な梅干しとお味噌、本当にありがとうございました。
思いもよらないお届け物に心がほっこりしました。
子供達(高2女子・中2男子)も喜んでおります。
札幌に単身赴任をしている主人が、健康診断でldlコレステロールが高いという結果が出て落ち込んでおりました。
会津に時々帰ってくるので、その時はおいしい梅干しとお味噌汁で暖かく迎えたいと思います。
このプロジェクトに携わってくださった皆さまにもどうぞよろしくお伝えください。(Aさん)

こんな可愛らしいイラストつきのお手紙も!(Kさんとご家族)
d0298862_1857197.jpg


梅干し、味噌、おにぎりにしてごはんと一緒においしく頂きました。
震災から4年、今の支援してくださる方達がいる事大変ありがたく感謝しています。
手作りの梅干しは安心して食べることが出来、豆味噌はとても優しい味がしました。
ありがとうございました。(Gさん)

◯◯さま…△△ともうします。ごぶさた致しております…。丁度1年前あたたかい贈り物(手作り梅干し)をいただいた者です。大事に、大事に、いただいて、私、最期はほしうめにして職場に持っていきました!!皆さまの優しいきもちをいただいて1年過ごさせていただいて幸せでした。改めまして御礼をと思いましてぶしつけながらメールを差し上げます!!こちら福島市は昨日季節外れの雪が降りました…まだまだ不安定な季節がらどうぞご自愛くださいますように…。(Kさん)

こんにちは。福島市の◯◯と言います。先日、△△さんから心暖まる梅干し、お味噌を届けて頂きました。大変ありがとうございました。福島の為に作って下さったのですね。忘れないでいて下さりとても嬉しかったです。私も原発以来梅干し作りをしなくなり…、食べたら懐かしい味を思い出しました。お味噌もまろやかな味で美味しかったです。除染が終わってもずっと不安は消えません。篠山でも頑張ってらっしゃる姿は変わりませんね。私も元気を貰いました。ご協力頂いた皆様にも宜しくお伝え下さい。お礼の返信遅くなりすみませんでした。これからもお体に気をつけお過ごし下さい。
本当にありがとうございました。   (Wさん)
           
[PR]
by umeboshi-net | 2015-03-01 20:32 | 日記

梅干しの発送を次々としています。

届きました!のメールや感想をお寄せ頂いています。


頂いたメールを読ませて頂いて、

思いのほか梅干しが好きというお子様が多かったことが意外でした。

お子様にも食べて頂けるようにとレシピなどを掲載したメッセージを同封しましたが、

要らぬ心配だったようです(笑)

嬉しい誤算です。


以下、頂いたメールで掲載許可を頂いた方の感想などをご紹介したいと思います。




会津若松在住のYと申します。

このたび、Hさんより手作りの梅干しを送って頂きました。

とても心のこもった梅干しをいただきまして、心から感謝しております。

私自身も以前より梅干しを作る事が好きで、毎年作るのを楽しみにしていたのですが、

原発事故以来、まったくそれをすることができなくなりました。

梅干し以外でも、味噌作りも難しくなりました。

とても悲しいことです。

私は福島市の線量の高いところに住んでいましたが、家を売り、家族で会津に越してきました。

しかし、会津へ来ても梅干しを干すことが出来ません。

送っていただいた梅干しを戴きましたら、とても美味しくて、うれしくて涙が出てしまいました。

市販(自然食品店)の梅干しよりも、とても美味しいです。

福島の事故は年と共に忘れられて来ているように思います。

福島ではいまだに原発の収束への作業以外の多くの問題が続いていて、決してなくなることがありません。

私たちは福島から離れることが難しい状況ですが、志のある人は多く、自分たちで頑張る術を模索しながら頑張っています。

私も事故が起きた年の夏に4人の子どもを連れて、篠山へ保養へ行った思い出があります。

とても素敵なところで、楽しくてとても良い人との出会いがありました。

県外で多くの方が今も福島を心配しご配慮くださることに、心から感謝しております。

本当にありがとうございました。

                 <Yさん>より



梅が届きました!!

子供たち本当にテンション上がりました!

ありがとうございます。

さっそく梅酢を水でわって飲んでいました(*^^*)酸っぱかったみたいです。

梅は本当に体にいいんですね!

私もいただいたら、美味しかったです。

                <Nさん>より



お久しぶりです。

ご無沙汰しております。お元気でしょうか?

この度は、手作りの梅干しを頂きありがとうございました。

今日、ご近所のMさんから「福島に梅干しを送ろう!プロジェクト」の心暖かいお便りと共に「手作り梅干し」を頂きました。

「コタツ」に足を入れながら早速に家族で「一粒」づつ頂きました。

大切に頂きます。

東北はまだまだ寒く、春にはまだもう一息です。

皆様もご健勝でお過ごしください。

この度は、ありがとうございました。

とりあえずは御礼のメールにて失礼致します。

プロジェクトの皆様にも宜しくお伝え下さい。

                   <Wさん>より



はじめまして。

福島市に住んでいるAです。

長女、長男、夫、祖父と住んでいます。

今回、Nさんから梅干しを頂きました。

ありがとうございました。

かわいいイラストでわかりやすくうれしいです♡

味もとても美味しくおばあちゃんの梅を思い出しました。

食事に関しては、金銭的なこともあり、

もしかしたら他の方よりも気を使っていない所も多くありますが、

解毒作用のあるものなど、体にいいものがとれるようにしていきたいといつも考えています。

梅干しも活用して良い食事をつくれるようがんばります。

本当にありがとうございました。

                   <Aさん>より



はじめまして。Aと申します。

今日、Yさんから梅干しを頂きました。

すっぱさとしその味が実家の母の味に似ていてとってもなつかしく感じました。

やはり、お店で買うのは添加物が入っていて、手作りのものとは違いますよね。

とってもとっても美味しい梅干し、ありがとうございました。

                   <Sさん>より



こんにちは。

福島市に住んでいるSといいます。
今回Yさんを通して、梅干しいただきました。

いつまでも私達のことを忘れずに支援していただけること、とてもうれしいです。

いろいろ考え、悩んだり迷ったりすることも多いですが、このような暖かい支援をしてくれる人がいると思うだけで、とても元気が出ます。

実は私、妊娠中で、いろいろ心配もありますが、お守り変わりに少しずつ食べて行こうと思いました。

3人の子供にも、少しずつあげますね。

少し食べてみたけど、とても美味しく、子供達も喜んでいました。
本当にありがとうございます。

                  <Sさん>より



初めまして。私はKともうします。

福島市に住んでおります。Yさんが紹介してくださりおもいや優しさいっぱいの梅干しが届きました。

感激してしまって…涙してしまって…なんと御礼を言ったら良いか…。

本当に、本当に、ありがとうございます。福島のことを思ってくださる気持ちが伝わり久しぶりに嬉しい気持ちになれました。Sさんをはじめこっからネットの皆さま、篠山市の皆さま、丹波市の皆さま、ありがとうございました。作ってくださったおもいや優しさ受けとりました。大事に頂きます。

取り急ぎ御礼を申し上げたく不躾ながらメールさせていただきました。

                  <Kさん>より



初めまして、こんにちは。

 私は福島市Oと申します。このたび、たけのこのHさんよを通し、『こっからネット』の皆様が丹精こめて作られた梅干しをちょうだいし、うれしくお礼状をしたためております。

 早速いただきましたところ、しょっぱいのが苦手な私でも梅のさわやかなさが、スッーと体になじむかんじで、後味スッキリ、おいしい梅干しですね。お塩が体にやさしいのですね。

『こっからネット』の皆様の粋なおはからいに身に(心に)しみました。

 私は震災前に漬け込んだ梅干しがちょうど食べ切って、おいしい梅干しを探し求めていたところでした。

本当によいタイミングで美味しい手作りの梅干しが手に入り感激です。新潟に自主避難した(母子)娘や一緒に梅干し作りをしていた仲間にもお裾分けしたいと思います。

 また、週末保養を山形県川西町で年3回親子募集で行っています。その時、おにぎりでふるまいたいと思います。

 Hさん、お仲間の皆様のあたたかい行動にあらためて感謝申し上げます。皆様におかれましては、増々おしあわせに健康でご活躍されますことをお祈りいたします。

                  <Oさん>より

      


もっともっとたくさんのお声を頂いています。

今回は、掲載可能なお声だけを載せさせていただきました。


うれしい感想を寄せてくださったみなさま、ありがとうございました。

次回の私たちの原動力となると同時に、

私たちもまた、作る楽しみ、集う楽しみ、繋がる楽しみや喜びを感じることが出来たこと、幸せにおもいます。


そろそろ梅の調達を考える時期になりました。

昨年ご協力を頂いた方々からも声をかけて頂いています。

今年も梅干しを漬けたいと思います。

みんなで楽しみながら。


                 5月26日(更新)

     






































[PR]
by umeboshi-net | 2014-03-11 00:36 | 日記

味噌プロ

梅干しを福島に送ろう!というプロジェクトの始まりは、
実は、友人が企画された『味噌プロ』が始まりでした。

名古屋にお住まいの友人が福島にいる人たちのためにと、10キロもの味噌を仕込まれたというお話を聞いたことがきっかけでした。

福島から遠く離れ関西の地にいても、
自分のことのように心を痛めて活動してくださっている友人や仲間たちがたくさんいるのですが、この方もそのお一人です。

その『ひだまり』さんから素敵なお便りが届きました。

d0298862_21423867.jpg

すべて手書きで書かれています。
あたたかい優しさが滲み出ていて、素晴らしいメッセージがたくさん込められています。

2月7日の試食会には、このお味噌の試食もあります。
梅干しと一緒にお送り出来たらと思っています。
[PR]
by umeboshi-net | 2014-01-29 21:49 | 日記