こっからネットです。私たちは、主に福島から丹波地方に避難してきたメンバーで構成されているネットワークです。遠く離れたこの地から『福島の友人たちに想いを届けたい!』と考え、プロジェクトを立ち上げました。


by umeboshi-net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ご寄付を頂きました。

篠山市、市民プラザの樗木真美さま、
丹波市の明顕寺さま、
高砂市の『皮道具屋』鈴木恵美さまよりご寄付を頂きました。

ありがとうございました。

出来上がった梅干しの送料やパック代などは、
全額をプロジェクトで負担しています。
今後もこの体制を維持していきたいと考えていますので、
本当にありがたいです。

樗木さまは、私たちが篠山に来た年からいつでも素敵な笑顔で見守ってくださっています。
明顕寺さまは、イベントの収益をご寄付くださいました。
鈴木さまは、手作りで皮道具を作っておられ、梅干しプロジェクトのための小物を制作販売してくださったそうです。

こんなふうに、梅干しを通して少しでも多くの方々に福島の現状を知ってもらえることはとても重要だと思います。
いろいろな形でご支援くださる方がいてくださるからこそ出来る『梅プロ』。

2年目の今年も昨年以上に美味しい梅干しを作って、
福島の方々にお届け出来るように頑張ります!






















[PR]
# by umeboshi-net | 2014-07-02 19:47 | ご支援

梅漬け第2弾

ありがたいことに芦屋市の方に梅のご寄付を頂きました。
三田市近くに梅林をお持ちとのことで、
今日は収穫に行って参りました。

30本もの梅の木があり、無農薬で育てられたそうで、
ちょうど取り頃の梅が鈴なりになっていました。

実は、つい先日、今年頂けるはずの梅の木がある地域に、
大きな雹が降りました。(見た方の話しを聞くと、おにぎり位の大きさだったそうです。)
雹の被害は広く、お隣の丹波市から篠山の北の方を抜けて京丹波市にまで及んだそうです。
梅だけでなく、野菜からお米まで多くの被害が出てしまいました。
それに加えて、この辺りは梅の裏年らしく、どこも成りが悪かったそうです。
困りはてて、友人に相談したところ、広く呼びかけてくださって、
今回のご縁となりました。

大阪吹田市の『ももの家』からのご縁で三田市の『ギミーシェルター』というベジタリアンカフェをされている高橋さまが気に留めてくださり、梅林の持ち主の岡崎永美子さままで繋がりました。
たくさんの方の想いで繋がったご縁。
本当にありがたいかぎりです。

このように想いが繋がった梅で梅干しを作る事が出来、
それを福島の方々にお送りすることが出来ることが本当に嬉しいです。

<<各作り手さんたちに仕分けした梅>>
d0298862_20191682.jpg


















<<岡崎さんと>>
d0298862_21342310.jpg
                






































[PR]
# by umeboshi-net | 2014-06-26 21:35 | 活動
今年も梅漬けの季節がやって来ました。
今年一番の梅漬けは、和歌山の梅です。
大阪は猪名川のオーガニッククロッシングさまから20kgのご寄付を頂きました。
何とも言えない良い香りで家中が満たされています☆
熟し具合もちょうど良い感じで美味しい梅干しになりそうです。

こんなにきれいな状態で梅を収穫してくださったこと。
私たちの活動にご賛同いただきお声がけ頂けたこと。
20kgもの梅を傷なくベストな状態で採るのは大変だったことと思います。
ほんとうにありがたいかぎりです。
今回は、梅がとてもよかったので17%の塩で漬けました。
カビが出ないように、慎重に梅酢が上がるのを見守りたいと思います。
d0298862_22033799.jpg


























[PR]
# by umeboshi-net | 2014-06-15 22:12 | 活動

会計報告です。

昨年から今年の3月にかけての会計報告です。
簡単ではありますが、収支決算は次のようになりました。

【収入】
5/16 ご寄附  20.250円
6/5  ご寄附  30.000円
6/21 塩売上げ 240円
6/29 塩売上げ 360円
7/17 ご寄附  3.000円
1/31 ご寄附  1.500円
収入合計    55.350

【支出】
チラシ印刷    3.185円
塩代金      5.985円
ホワイトリカー代  698円
公民館使用料    800円
梅干し容器代  11.218円
振込み手数料   210円
ラベルシール代 770円
パック代     596円
コピー印刷代    428円
クラフトテープ代  95円
段ボール代    4.040円
発送費     27.200円
支出合計    55.225円

繰り越しが 125円になりました。
ご寄付を頂いた方々、ありがとうございました。

発送先は合計で30件になりました。
まとめてお送りしたところや拠点となるところに発送したところもありました。
また、『友人などにも分けてあげたい。』とおっしゃる方も多く、
100人以上の方々がこの梅干しを手にされたと思います。

ご協力頂いたみなさまのおかげで、多くの方々に私たちが作った梅干しを食べて頂けたことは本当に大きな喜びです。
今年もなんとかやりくりをして発送までがんばりたいと思います。

本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。



[PR]
# by umeboshi-net | 2014-06-03 22:51 | 活動

梅干しの発送を次々としています。

届きました!のメールや感想をお寄せ頂いています。


頂いたメールを読ませて頂いて、

思いのほか梅干しが好きというお子様が多かったことが意外でした。

お子様にも食べて頂けるようにとレシピなどを掲載したメッセージを同封しましたが、

要らぬ心配だったようです(笑)

嬉しい誤算です。


以下、頂いたメールで掲載許可を頂いた方の感想などをご紹介したいと思います。




会津若松在住のYと申します。

このたび、Hさんより手作りの梅干しを送って頂きました。

とても心のこもった梅干しをいただきまして、心から感謝しております。

私自身も以前より梅干しを作る事が好きで、毎年作るのを楽しみにしていたのですが、

原発事故以来、まったくそれをすることができなくなりました。

梅干し以外でも、味噌作りも難しくなりました。

とても悲しいことです。

私は福島市の線量の高いところに住んでいましたが、家を売り、家族で会津に越してきました。

しかし、会津へ来ても梅干しを干すことが出来ません。

送っていただいた梅干しを戴きましたら、とても美味しくて、うれしくて涙が出てしまいました。

市販(自然食品店)の梅干しよりも、とても美味しいです。

福島の事故は年と共に忘れられて来ているように思います。

福島ではいまだに原発の収束への作業以外の多くの問題が続いていて、決してなくなることがありません。

私たちは福島から離れることが難しい状況ですが、志のある人は多く、自分たちで頑張る術を模索しながら頑張っています。

私も事故が起きた年の夏に4人の子どもを連れて、篠山へ保養へ行った思い出があります。

とても素敵なところで、楽しくてとても良い人との出会いがありました。

県外で多くの方が今も福島を心配しご配慮くださることに、心から感謝しております。

本当にありがとうございました。

                 <Yさん>より



梅が届きました!!

子供たち本当にテンション上がりました!

ありがとうございます。

さっそく梅酢を水でわって飲んでいました(*^^*)酸っぱかったみたいです。

梅は本当に体にいいんですね!

私もいただいたら、美味しかったです。

                <Nさん>より



お久しぶりです。

ご無沙汰しております。お元気でしょうか?

この度は、手作りの梅干しを頂きありがとうございました。

今日、ご近所のMさんから「福島に梅干しを送ろう!プロジェクト」の心暖かいお便りと共に「手作り梅干し」を頂きました。

「コタツ」に足を入れながら早速に家族で「一粒」づつ頂きました。

大切に頂きます。

東北はまだまだ寒く、春にはまだもう一息です。

皆様もご健勝でお過ごしください。

この度は、ありがとうございました。

とりあえずは御礼のメールにて失礼致します。

プロジェクトの皆様にも宜しくお伝え下さい。

                   <Wさん>より



はじめまして。

福島市に住んでいるAです。

長女、長男、夫、祖父と住んでいます。

今回、Nさんから梅干しを頂きました。

ありがとうございました。

かわいいイラストでわかりやすくうれしいです♡

味もとても美味しくおばあちゃんの梅を思い出しました。

食事に関しては、金銭的なこともあり、

もしかしたら他の方よりも気を使っていない所も多くありますが、

解毒作用のあるものなど、体にいいものがとれるようにしていきたいといつも考えています。

梅干しも活用して良い食事をつくれるようがんばります。

本当にありがとうございました。

                   <Aさん>より



はじめまして。Aと申します。

今日、Yさんから梅干しを頂きました。

すっぱさとしその味が実家の母の味に似ていてとってもなつかしく感じました。

やはり、お店で買うのは添加物が入っていて、手作りのものとは違いますよね。

とってもとっても美味しい梅干し、ありがとうございました。

                   <Sさん>より



こんにちは。

福島市に住んでいるSといいます。
今回Yさんを通して、梅干しいただきました。

いつまでも私達のことを忘れずに支援していただけること、とてもうれしいです。

いろいろ考え、悩んだり迷ったりすることも多いですが、このような暖かい支援をしてくれる人がいると思うだけで、とても元気が出ます。

実は私、妊娠中で、いろいろ心配もありますが、お守り変わりに少しずつ食べて行こうと思いました。

3人の子供にも、少しずつあげますね。

少し食べてみたけど、とても美味しく、子供達も喜んでいました。
本当にありがとうございます。

                  <Sさん>より



初めまして。私はKともうします。

福島市に住んでおります。Yさんが紹介してくださりおもいや優しさいっぱいの梅干しが届きました。

感激してしまって…涙してしまって…なんと御礼を言ったら良いか…。

本当に、本当に、ありがとうございます。福島のことを思ってくださる気持ちが伝わり久しぶりに嬉しい気持ちになれました。Sさんをはじめこっからネットの皆さま、篠山市の皆さま、丹波市の皆さま、ありがとうございました。作ってくださったおもいや優しさ受けとりました。大事に頂きます。

取り急ぎ御礼を申し上げたく不躾ながらメールさせていただきました。

                  <Kさん>より



初めまして、こんにちは。

 私は福島市Oと申します。このたび、たけのこのHさんよを通し、『こっからネット』の皆様が丹精こめて作られた梅干しをちょうだいし、うれしくお礼状をしたためております。

 早速いただきましたところ、しょっぱいのが苦手な私でも梅のさわやかなさが、スッーと体になじむかんじで、後味スッキリ、おいしい梅干しですね。お塩が体にやさしいのですね。

『こっからネット』の皆様の粋なおはからいに身に(心に)しみました。

 私は震災前に漬け込んだ梅干しがちょうど食べ切って、おいしい梅干しを探し求めていたところでした。

本当によいタイミングで美味しい手作りの梅干しが手に入り感激です。新潟に自主避難した(母子)娘や一緒に梅干し作りをしていた仲間にもお裾分けしたいと思います。

 また、週末保養を山形県川西町で年3回親子募集で行っています。その時、おにぎりでふるまいたいと思います。

 Hさん、お仲間の皆様のあたたかい行動にあらためて感謝申し上げます。皆様におかれましては、増々おしあわせに健康でご活躍されますことをお祈りいたします。

                  <Oさん>より

      


もっともっとたくさんのお声を頂いています。

今回は、掲載可能なお声だけを載せさせていただきました。


うれしい感想を寄せてくださったみなさま、ありがとうございました。

次回の私たちの原動力となると同時に、

私たちもまた、作る楽しみ、集う楽しみ、繋がる楽しみや喜びを感じることが出来たこと、幸せにおもいます。


そろそろ梅の調達を考える時期になりました。

昨年ご協力を頂いた方々からも声をかけて頂いています。

今年も梅干しを漬けたいと思います。

みんなで楽しみながら。


                 5月26日(更新)

     






































[PR]
# by umeboshi-net | 2014-03-11 00:36 | 日記